行楽弁当の楽しみ方

今でも人気のようですが、幼稚園児を持つお母さんたちが競って作るキャラクター弁当=キャラ弁なんていうのが流行っています。
アニメのキャラクターなんかをかたどったり、とにかく凝っているんです。
本当に芸術作品のようだぁなんて、感心していたらやっぱり同じ事を思う人も多いようで、行楽弁当のコンテストなんていうのも弁当の世界にはあるようです。
特に現地の食材、例えば〜牛を使って作る、行楽弁当コンテストみたいな感じが多いようです。

確かに行楽にお弁当ってつきものですし、外で食べるお弁当はなぜか、かなり楽しみな内容の一部でもあります。
そのお弁当で行楽のよしあしが決まるような重要ポストです。
子供たちも「お弁当の中味はなに?」と聞くくらいですもんね。
コンテストに出場するまでの行楽弁当はなかなか難しいですが、行楽弁当のことを少し考えて楽しむことはできるかなと思います。
いつもとは違う配置にして楽しんだり、いろどりを変えてみたり。
容器そのものに変化を付けたり。
少し考えるだけで、いつもと違うようには出来るのかもしれないですね。
そこに季節の食材などが入ると、大人の人にも楽しんでもらえるかな?と思います。

なおかつ簡単で負担にならない行楽弁当を考えなくてはですよね。
作る側ばかり寝不足では、作った本人が楽しめませんから。
簡単 早い 行楽弁当なんていうのも、可能だと思うのです。
時間をかけられない人もいると思いますし。
今はスーパーなんかでも、可愛いカップが置いてあったり、驚くのは100円ショップでも、行楽弁当に使ってくださいと言わんばかりの、綺麗なお弁当ケースや、つまようじも置いてあります。
これなら、弁当作りが苦手な人でも、こなせそうな感じです。
あとは自分のセンスで、弁当の中味の配置や、食材のバラエティを考えて持っていってみましょう。
そして自分も楽しみつくしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56789828
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Excerpt: キャラ弁キャラ弁とは、我が子の為に世の母親が作る、アニメや漫画のキャラクターや芸能人の顔などを模したデザイン弁当である。もともとはハンドルネーム霞んが「“お弁当作り”なんて『早起き・地味・メンドクサイ..
Weblog: キャラボン!
Tracked: 2007-09-30 15:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。