ボリュームいっぱい行楽弁当

お弁当などを作るのは好きですが、難しいことも多いですよね。
でも、本当にきれいに可愛く作る人もいて驚いてしまいます。
すごく器用な人がうらやましかったりしますが、誰も自分の家のは作ってくれるわけでもないので、アレコレ自分なりの工夫に入ります。
美味しいのはもちろんなのですが、行楽地でのお弁当などは、外で食べるものなので、食べやすさにも気を使います。
つまみやすいと言うか、1度でクチに入るサイズとか。
こんな気配りも必要かな?と思うわけです。

スーパーなどへ行くと、すでにお弁当用に作られている「おかず」も多いですね。
何か1品と思うときには助かります(全部、これでは怒られますが)キャラクターものも多いし、形は可愛らしいし。昔はたこさんウインナーなんかが嬉しかったですよね。
あと、かまぼこのきれいな色の中に、キャラクターが入っているものなんかもあります。
あの、金太郎飴の仕組みで、切っても切っても出てくるんです。

一口サイズにそろえたり、行楽へせっかく持っていくのであれば、春なら桜。
秋ならモミジなんかをイメージしておかずを作ると楽しいかもしれません。
行楽地でも季節を感じ、行楽弁当の中味でも季節を感じる。
ステキですねぇ。理想です。

サンドイッチの中味も、外で遊んでお腹が空くので、ボリュームがあるものがいいかもしれません。
もちろん野菜もセットです。
カツサンドにレタスを入れたり、ポテトサラダのサンドイッチも美味しいです。
デザート感覚のサンドイッチも子供たちには喜ばれそうですし、卵焼きと焼肉のサンドセットもボリュームが出るし、色もきれいなのでオススメです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。